胚移植決定!どうか妊娠しますように…。

JUGEMテーマ:不妊治療

 

胚移植へ向けて

胚凍結の連絡を受けて2週間が過ぎました。次は胚移植のタイミングを見る為の受診になります。

 

生理の8日目に受診し、子宮の検査と血液検査が実施されました。

 

ここからはホルモンの数値と卵胞からの排卵の様子を見て胚移植へと移っていきます。

 

採卵前の1週間の診断状況と卵胞の様子をまとめました。

  1. 生理8日目:内診と胚凍結の支払いをする。(凍結料金は『6万円』でした)
  2. その2日後:内診と採血→採血結果より胚移植中止の電話があり、翌日の内診が決定。
  3. その翌日:再び内診と採血→卵胞30ミリだが排卵していない。採血の結果、胚移植が3日後に決定。
  4. その3日後:内診と採血→卵胞37ミリ。卵から出血が見られる。採血の結果、午後より胚移植決定。午後より再び病院へ行き、『胚移植』と排卵を促す注射を打つ。
  5. さらに3日後:排卵を促す注射を打ちに病院へ。妊娠するのを待つ。

 

胚移植をするまでは内診と採血をくり返しくり返し行い、タイミングを見計らって胚移植をしました。

 

私の場合は凍結胚は3つ出来ていました。今回、胚移植したのは、3つの中で一番評価が低い(妊娠する可能性が低い)受精卵を移植しました。

 

私の子宮は妊孕力(妊娠する力)の面から見ても妊娠の可能性が低く、『まずは評価の低い受精卵から移植してみようか』という先生の判断があったからです。

 

私は可能性うんぬんを抜きにして『どうか妊娠しますように…』と祈るように病院を後にしました。


胚移植をしてそれから…

最後に病院を受診してから2週間が経ちました。

 

私は『妊娠検査薬』を手にトイレの前に仁王立ちしています。

 

私『ついにこの日がやってきたわ!』

 

先生から『検査薬を使ってチェックして下さい。』と言われた日がやってきたのです。

 

トイレのドアを恐る恐る開け、便座にスタンバイしました。

 

紙コップに自分の尿をとり、検査薬を尿に付けました。

妊娠,妊娠検査薬,陽性

私『ええええ!!!ん?ん?ええええ!!!』

 

私はプチパニックを起こしました。妊娠検査薬は『陽性』を示していたのです。

 

仕事中のしらすパパに電話をすると、同じくパニックを起こしていました。

 

疑い深い私は次の日、その次の日も検査薬を使ってチェックしていました。

 

私『検査薬は陽性だけど、受診するまでは保留にしておこう!』

 

そして検査薬が『陽性』を示してから4日後、受診の日がやってきました。

 

先生『おめでとうございます!妊娠していますよ!』

 

私『よっしゃぁぁぁぁあああ!!!』←心の声です。

 

『ありがとうございます!』と心から喜びました。

 

これから私の妊娠生活が始まります。


<前の記事へ戻る> <次の記事へ続く>

ついに採卵成功!次のステップへ

JUGEMテーマ:不妊治療

 

<2回目>受精の結果は…?

4回目の採卵を終えて、2回目の受精の結果待ちです。前回と同じく病院から電話で連絡が入ります。

 

前回は受精の段階で【多精子受精】のため、失敗しました。

 

『今回もダメだったらどうしよう…』

 

不安な気持ちが止まりませんでした…。もう何もせず、ただただ電話を待ちました。

 

プルルルル、プルルルル、プルルルル

 

運命の電話です…。私は恐る恐る通話ボタンを押しました。

 

『さーやさんのお電話でしょうか?こちらほにゃららクリニックですが。昨日の受精の件でお電話させていただきました。』

 

『ありがとうございます。で、結果はどうでしたか?』前回の結果が脳裏に浮かび、ますます緊張します。

 

『5つとも問題なく受精しました!』

 

『…( ゚Д゚)…!!ありがとうございます!( ;Д;)』思わずうれし涙が出ました!

 

『次は【胚凍結】についての連絡を4日後に連絡させていただきます。』

 

次のステップに進めるという嬉しさを噛みしめながら電話を切りました。


胚凍結できる受精卵はあったのか?

痛い思いをして採卵した卵子と朝早くからしらすパパに採取してもらった精子は、ようやく受精卵になることができました。

 

次は『その受精卵が子宮に戻せる状態まで成長してくれるか』という段階になります。

 

ここまで来ると私にできることは何もなく、ただただ祈るだけということになります。

 

受精が成功したという電話から4日後、連絡がくる日がやってきました。

 

私は何をするでもなく、ただ電話の前で待っていました。

 

プルルルル、プルルルル、プルルルル

 

またまた運命の電話です…。私は恐る恐る通話ボタンを押しました。

 

『さーやさんのお電話でしょうか?こちらほにゃららクリニックですが、本日は胚凍結の件でお電話させていただきました。』

 

病院からの電話はいつでも緊張します。

 

『受精卵5つのうち…3つは順調に成長したので、凍結させていただきました。』

 

『よしっ…!!ありがとうございます!』

 

私はガッツポーズしました!(。-`ω-)oウシッ!

 

次の診断は生理の8日目になります。


<前の記事へ戻る> <次の記事へ続く>

4回目の体外受精!4度目の正直なるか…。

JUGEMテーマ:不妊治療

 

4回目の体外受精へ

3回目の自然周期法での採卵は空振りで終わり、4回目の体外受精を始めることにしました。子宮が腫れていたこともあり、4回目の体外受精は『卵巣を休ませる』ところから始まりました。

 

4回目の体外受精は『ソフィアA』という薬が処方されるところから始まります。この『ソフィアA』という薬はピルなのですが、体外受精のクロミッド法が終わった後によく処方されることがあるようです。

 

大きな理由は上記の通り『卵巣を休ませるため』。『黄体ホルモンを補充して、基礎体温を上昇させることで、次の周期に良い働きを与える』ために服用するそうです。

 

これを3回目の採卵直後から10日間にわたって服用し続けました。そして今まで通り、生理の2日目に受診しました。

 

先生『卵巣の腫れも引いているね。次はクロミッド法にしようか。』

 

ということで1回目、2回目に続き、クロミッド法での体外受精をすることになりました。

 

スケジュールについては1回目の体外受精の時に書いたので、下の関連からチェックして下さい。


関連:1回目の採卵


4度目の正直なるか…?いざ採卵へ

さて、採卵4回目。運命の日がやってきました。

 

採卵の日はいつも緊張します…。『卵子があるかな』っていう不安と『今回も痛いのかな』っていう不安。考えると気持ち悪くなります。

 

今回の採卵は先生の内診の結果『5つ』になりました。今までで一番多いし、今回は卵巣の状態もいいので、個人的には期待が大きいです(*'ω'*)

 

そして採卵の時です…。

 

『痛ったぁぁぁぁぁ!!!』

 

これがいつやっても痛いんです。(1回目が痛くなかったのはキセキだったようです…)

 

なんとか5つの卵胞を取り終え、培養士さんの検査結果を待ちます。

 

『…ドキドキドキドキ…』

 

これもいつも緊張して待っています。私の場合は空振りが多いですしね…。そして培養士さんが入室されました。

 

培養士さん『今回は5つの卵胞のうち5つとも卵子が入っていました!』

 

私『やったぁぁぁああああ!!!』

 

今まで散々やってダメだった卵子が今回は入っていました!しかも5つとも入ってるとか…本当に嬉しかったです!

 

先生もホッとした様子で『お疲れ様でした^^』って笑顔で言ってくれました。

 

そしてまた、次のステップについてのお話を聞いて、お会計を済ましました。今回は卵子が採れたので『12万円』のお会計でした。

 

『明日の電話連絡まで油断はできないけど、ひとまず安心かな』

 

少しの不安はいつでもあるけど、今までで一番の心のゆとりを持って、帰ることができました。


<前の記事へ戻る> <次の記事へ続く>